ロゴ

世界中の人に理解してもらえる喜び!翻訳サービスの魅力

一般的なイメージとして翻訳は本や映画の字幕使われているイメージがありますが、ビジネスシーンでも使われています。企業の利用だけでなく、最近は日本に来る外国人の方の増加から民泊や観光地やショップなどに置かれるチラシなどにも外国語表記は必要になっています。日本語だけでは伝えられない魅力を翻訳サービスを利用すると伝えることができます。

翻訳会社に依頼して完成するまでの流れ

複数業者の見積もりを取得

業者のサイトから文字数から概算の金額はその場で判明します。正式に依頼を検討しているときには見積もりは複数依頼します。複数依頼する手間を省くために一括で代行してくれる業者や発注先のマッチングを行ってくれる業者の利用が便利です。

契約後翻訳資料送付と作業開始

見積もりから業者を決定し翻訳を依頼します。個人利用の場合には前払いから契約完了となりますが、法人の場合には後払いになる業者もあります。契約完了後にはサイトに翻訳する原稿を添付・送付し、受け取った業者側では依頼内容から翻訳者をマッチングさせて翻訳作業を進めていきます。

作業完了連絡から原稿をダウンロード

翻訳が終わったら完了の連絡がメールに入るためサイトから翻訳済みの原稿をダウンロードを行えば納品完了です。納品後の対応が受付不可の業者だけでなく、業者によっては納品後のある程度の期間まで修正依頼や問い合わせなども可能です。契約前にアフターフォローがあるとこを探してみることもおすすめです。

ネット上には無料の翻訳サイトもある

無料の翻訳サイトは複数ありますが、サイトによって特化した特徴があります。幅広い言語から選ぶことができたり、工学系や生活系など翻訳したい文章の内容から分野を選択しより正確な翻訳に導くことも可能になっています。日本語から外国語といった相互利用だけでなく、外国語と外国語といった翻訳も無料で行うことができます。

自ら調べて翻訳する場合と翻訳代行に依頼する場合を比較

コストはかかりませんが時間と手間がかかる

自分でソフトなどを使って翻訳すると無料もあり費用はかかりませんが時間と手間がかかります。契約書や請求書などビジネス書類の中でも重要度が高いものは言語に自信がある場合を除いて翻訳代行に依頼する方が安心です。

質の高い文章を望むことができる

代行業者を依頼するとコストはかかりますが、手間と時間を省くことができ質の高い文章の作成を望むことができます。業者では依頼された文章に対してミスなく納品するために何重ものチェックが入ります。重要度が高い書類ほど代行業者に依頼した方が安心です。

翻訳代行のサービス

翻訳会社を利用する前にある程度の流れをチェックしておこう

男女

海外赴任が決まったらやるべきこと

赴任先のガイドブックを入手して治安問題や衛生面など現地の環境を調べていきます。海外赴任までの間に行うことを計画を立てて、やるべきことをチェックリスト化していきます。家族も含めたパスポートの取得、ビザは勤務先で手配してくれるのかなど渡航準備を進めながら現在住んでいる家をどうするか、荷物は何を持っていくか、子供がいる場合には転校手続きなど生活に関することを同時に進めていきます。1年以上海外赴任になるときには国外転出届が必要になりますが転出予定日が過ぎると印鑑証明や住民票などが取得できなくなるため注意が必要です。

国や用途によって必要な書類が変わる

渡航先の国ごとに必要書類が異なってきます。観光目的であってもパスポートだけでなくビザの取得などの申請書類など国によって異なりますが、海外赴任といった就労目的の場合にはさらに提出する書類が増えます。一般的にはビザ申請書類や写真、無犯罪証明書、渡航目的などが必要になりますが、詳しくは各国大使館や領事館への確認を行います。ビザの申請は日本にある大使館で申請しますが、日本にすべての国の大使館はありません。ホームページで確認したり、間に業者に入ってもらうことも検討します。

実績を多く残している会社に依頼するのが一番

海外赴任では多くの書類の申請や赴任前の健康診断や予防接種など一般的な国内での転勤よりもやることが多く大変手間がかかります。はじめての海外赴任をする方や不慣れな企業ではビザの申請から引っ越しの手配やガイダンスまで一括して行うアウトソーシング会社の利用がおすすめです。確定申告時の手続きのサポートや自宅を賃貸にする場合の手配から契約・家賃回収などのサポートがあり個人であってもアウトソーシング会社は利用することができます。

ホームページにある翻訳見本を見てみよう

翻訳会社を利用する料金は出来上がった翻訳内容のクオリティによっても異なります。翻訳見本からクオリティを確認することができます。下書き程度からクオリティの高いものまで見本は公開されています。登記簿謄本の翻訳やアポスティーユ、駐日大使館領事認証の申請といった申請代行を行っている会社では、住民票や戸籍謄本、登記簿謄本といった専門性の高い公文書は申請代行会社のホームページから確認することも可能です。見本は誰でもすぐ見ることができます。

広告募集中